読むだけで「年の差婚だから子供諦める」というネガティブな感情がなくなる話

年の差婚 子供

 

年の差婚でも子供を諦めなくていい理由をお話します。

「年の差婚だからこどもあきらめようかな・・・」

 

このような悩みは、年齢差がある夫婦が通る道です。

 

こどもができたら

お金がかかりますし、定年が近い旦那さんと育てていけるか?も
正直怖いです。

 

わたしはまだ子どもはいませんが

 

近々どうするか決めようと思っています。

 

同じような悩みを抱えている人をネット上で探すのをやめれません。

 

なにも行動にうつさなければ、時間だけが過ぎて、

たぶん今よりもっと悩みが大きくなります。

 

今回の記事は

 

「旦那さんと10歳以上はなれているあなたが子どもを作るべきか」が

決めやすくなる内容になっていますよ。

 

迷っているのなら読んでみてください。

 

これだけ覚えればOK!
  • 年の差婚でこどもを作るメリット・デメリット。3つずつ考えられることを紹介します。
  • ちゃんと話合った上でこどもを授かるなら、あきらめる必要ない。
  • 年の差婚でこどもを授かった大人女子たちの経験談

 

年の差婚でこどもを作るメリット・デメリット。3つずつ考えられることを紹介します。

 

デメリット

 

保育園や小学生でこどもにかわいそうな思いをさせるかも

 

ひとつ体験談をお話します。

 

まだ年の差がある旦那と結婚していなかった時期。

 

17歳年の差があるカップルは

わたしの周りにはいなかったんですね。

 

芸能人にはちらほら見かけますが、一般人には少なかった。

 

なので

 

気軽に相談するということが考えられなかったんです。

 

旦那とつきあっている時は、胃に穴があくぐらい悩み苦しみました。

 

そんななか

 

職場が一緒だった年下の男性から

 

「高齢の親が嫌だった」という言葉を一度だけ聞きました。

その男性の両親は、高齢出産だったそう。

 

胸にナイフが刺さったみたいにショックだったんです。

 

「そうだよね、やっぱり両親が若い方がいいよね」と・・・

 

こどもは親のエゴだと言われますが、その通りだと思っています。

 

やっぱり実際に高齢の両親がいるこどもの考えは
本音なんです。

 

「ほんとうは若い両親がいい」というのが本音だとしたら

こどもにはかわいそうな事をしてしまうかもしれない。

 

保育園や小学校の運動会で

ともだちのお父さんが若かったら、こどもは気にしてしまうかもしれない。

 

けれど、「愛した人のこどもを産む」ことに年の差婚でも同年代婚でも
変わりはない。

 

周りからは「かわいそう」と心のなかで思われる可能性があっても

あなたの気持ちがどうなのか?を優先するべきです。

 

定年を早くにむかえるから、妻は働かざる得ない

 

これもよく耳にタコができるくらい言われること。

 

わかっているんです、定年を早くにむかえるって。

 

寿命の流れでいけば、旦那のほうが先に亡くなる現実も知っています。

 

わたしの生きがい探しや、旦那を支えれるような経済力をつけようと

がんばっています。

 

同年代の旦那さんだったら

まだ先の定年後の話もしている。

 

ライフプランを出してもらい、赤字にならない方法を探している。

 

例えば

 

妻が働けない場合⇒何年後かには赤字になりますよ

妻が働く場合⇒このくらい稼げば何年後かでも黒字ですよ

みたいなデータをだしておくと、将来が見えやすいです。

 

ファイナンシャルプランナーの方に相談するのもアリ。

 

貯金は余裕もって今のうちにできるだけ貯めておく。

 

ある程度働けない期間があっても、生活できるような

金額を計算しておくのも大切です。

 

若いお父さんを見て他の奥さんがうらやましくなるかも

 

「自分は自分」「他人は他人」とどれくらいの方がわりきっているでしょうか。

 

なるべく同年代の女性を見ないようにしていても、

でかければ嫌でも視線にはいります。

 

同じように年齢を重ねていく夫婦が

うらやましくなる時だってある。

 

気持ちに余裕がないときは特に気になってしまう。

 

それでも、あなたが10歳以上離れている旦那さんを選んだのは間違ってない!!

 

考えすぎてしんどくなったときは

自分たちに状況が近い人の体験ブログや、映画をみます。

 

「DESTINY 鎌倉ものがたり」が私たち夫婦のお気に入りです。

 

年の差婚でこどもを作るデメリット
  • 保育園や小学生でこどもにかわいそうな思いをさせるかも
  • 定年を早くにむかえるから、妻は働かざる得ない
  • 若いお父さんを見て他の奥さんがうらやましくなるかも

 

メリット

 

旦那に浮気される可能性が減る

 

年齢を重ねると男性はだんだん落ちついてきます。

 

もちろん、何歳になっても遊び人の旦那さんはいますが

若い旦那さんよりは浮気の心配が減るのは事実です。

 

なぜなら

 

10歳以上年下の妻がかわいくてしょうがなくなるから。

 

妻をかわいいと思えば、外に目を向ける必要がなくなりますよね?

 

ケンカになりにくい

 

年齢差は文化のギャップがあります。

 

それが許せない夫婦もいるとは思うのですが、おたがいにギャップがあることを

受け入れると

気持ちに余裕がでてきます。

 

「おたがい違うことが当たり前」になるんですね。

 

私たちの場合は

 

カラオケで歌う曲も違うし、趣味もあわないし、見る映画もきほんてきに合いません。

 

けれど、夫婦をやっていると

興味があるものは相手に合わせるようになります。

年齢差がある場合、年下の妻のわがままを年上の旦那が受け入れやすいです。

 

結婚した当初は経済的に余裕がある

 

今どきの理想は『三低男子』と言われています。

 

1.低姿勢(家族にえらそうにしない)
2.低依存(共働きなら、家事育児に参加する)
3.低リスク(仕事を要領よくこなしてリストラ候補にならない)

 

けれど、やっぱり結婚したらお金の心配を減らしたいですよね?

 

年収600万円以上の独身男性20後半~30代は数%。

 

サラリーマンなら

年齢によって収入が上がっていくのが一般的。

 

年齢差がある旦那だと、年収が高いところから結婚生活がスタートします。

 

年の差婚でこどもを作るメリット
  • 旦那に浮気される可能性が減る
  • ケンカになりにくい
  • 結婚した当初は経済的に余裕がある

 

ちゃんと話合った上でこどもを授かるなら、あきらめる必要ない。

 

結婚ってやってみないとわからないことが非常に多い。

 

結婚して

 

旦那がアルコール依存症でDV気質だったという悩みも
ネット上でみかけます。

 

同年代夫婦や、年が1つか2つしか違わない夫婦でも

うまくいくか?いかないか?は夫婦次第です。

 

わたしの友人に国際結婚している人もいます。

まだまだ、年の差婚や国際結婚のような少数派はネガティブな印象を

抱く人がたくさんいますが

幸せになれるかは夫婦の問題。

 

たぶん

 

あなたも周りからいろいろ言われてきたんじゃないですか?

 

「年の差があまりないほうがうまくいく」とか

「早くこども産まないと苦労するよ」など。

 

もし旦那さんとの未来を違和感なく描けるのなら

愛の証の赤ちゃんを授かってもいいと思います。

 

いままで、すごくすごく孤独に悩んできたから

気軽に「年齢なんて関係ない」とは言えません。

 

「ふたりだけで生きていこう」と考えた時期はあったけど

旦那になにかあった後、ひとりだと淋しいなという思いから

「こどもを考えてもいいかもしれない」という考えもでてきました。

 

わたしと一緒に乗り越えていきましょうね。

 

『年の差婚でこどもを授かった女性がどういう風になったのかの経験談』を
のせておきます。

 

年の差婚でこどもを授かった大人女子たちの経験談

 

うちは私が34歳、主人が52歳です。

 

18歳年が離れています。

 

毎日楽しく不満なく暮らしていますよ。

 

心配なことは主人の介護ぐらいで、じゅうぶんすぎるくらいの
蓄えがあるのでそこまで悩んでいません。

 

私をかわいがってくれ、わがままさせてもらっています。

 

年の差が関係してるというより、お互いに相性がいいか、

性格は許せるかなどが重要だと思います。

 

今妊娠中でもう臨月。

 

男性が高齢だと女の子の確率が高くなると聞きました。

 

わたしは彼とは22歳差あって子持ちです。

 

妊娠後にネットで調べて年の差出産のリスクを知って

落ち込んだこともあります。

 

けれど

 

産院で聞くと「リスクはゼロではないけど、うちの病院では障害児で産まれた子はいないよ」と言われました。

 

それで「産もう」と決心できたんです。

 

じぶんの子どもは世界一かわいいですよ。

 

【まとめ】年の差婚はネガティブなイメージが多い。けれど、じぶんを強く持っていればこどもを諦める必要はありません。

父親の年齢が高い 子供

 

まとめ
  • 少数派の結婚の形はネガティブなイメージがつきまとう
  • 「年の差婚だからこどもがかわいそう」ではない。同年代で結婚してもこどもの悩みはある。
  • 夫婦ふたりでしっかりライフプランを立てて納得すれば、こどもを授かるのはこわくない!

 

10歳以上の年の差婚ってなかなかいないので

近くに話せる友達もいなくすごくすごく悩みますよね。

 

私もあなたと同じように

「子供を授かったらどうなるか」考えるだけで落ち込むことも多々あります。

 

けれど、歳の差があるって分かっていながら

結婚するのを決めたのは自分。

 

そういい聞かせても

隣の芝生は青く見えます。

 

旦那がもっと若ければ・・・と悩んだこともたくさんある。

 

女友達に相談したこともあったけれど

「じぶんがわかってて結婚したんでしょ?」「同年代ぐらいの男性紹介するよ」と
言われて終わりでした。

 

女友達は男性への理想が高くて

たぶん、まだ結婚していないでしょう。

 

「ハゲてるのは嫌。ふとってるのは嫌。」と見た目で否定するような子だったので。

わたしも人のこと言えません。

 

年の差婚でもやっぱり生理的にムリな人とは付き合ってもいないでしょう。

 

けれど

 

結婚した相手は17歳年上だけど、愛した人。

 

愛した人のこどもはほしいと考えるものですよね?

 

年の差でこどもを産みたいのなら、「じぶんが決めたことだから責任を持つ」という

強い意志が必要だと思います。

 

なぜなら

 

軽い意志だと、そのときは「こどもを作ろう」と決めたけど

ちかくで同年代同士の夫婦のあいだにこどもがいたら心が揺れてしまいますので。

 

人ってそういうものなんです。

 

一度決めたことでも考えが変わることなんて結構あります。

 

だからこそ

 

旦那とのあいだに子どもができたら、「自分は自分」と

いい聞かせることって大事ですよ。

 

こどもを作る前に

2人で『ライフプラン』を納得いくまで話し合って

納得したら、こどもを考えてもいいのではないでしょうか?

 

まだあなたは若いのに、こどもを諦める必要なんてありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました