ミーノは北海道へ。パワハラ告発した逆恨みで

社長が言った。
「最近パワハラやセクハラに関する投資家告発が多い」
「我が社ではパワハラやセクハラは許さない」
「発見したら人事の窓口に連絡するように」

社長からの指示が正社員に向けてありました。
文書で全部署に連絡までがありました。

それを見たミーノは
「やっと我が社も変わるのか」
「風通しの良い会社になるなあ」
パワハラ課長に悩まされていたミーノは素直にそう思ったそうです。
パワハラがあまりにも酷いので藁をも掴む思いだったのでしょう。
大きな期待をしました。

他の社員は
「また口だけだよ」
「どうせ変わらないし」
「誰に言ってんのよ。労働基準監督署絵のポーズかよ」
と感じたそうです
少しでも冷静にならそう思うはずですが・・・

時々公務員でもパワハラやセクハラの不祥事がありますが民間会社も同じです。
公務員の偉い人がテレビで言ってることなんて
国民と政治家に立派なことを説明しているだけで
組織の風通しを良くしようなんて考えていません。
組織の人間には
「バレないようにしろよ!」
「パワハラやセクハラが発生してもお前のところでもみ消せよ!」
と言ってるだけです。

民間会社も同じです。
会社社長はお客と労働基準監督署に対して
我々は行ってますとアピールしているだけです。

会社でパワハラやセクハラが発生したら
まずもみ消そうとします。

消すことが不可能な場合はその部署の上司に責任を取らせようとします。
自分の社長の時に大問題が発生するのは困ります。

精神的に追い込まれていたのかもしれませんが
ミーノは人事の偉い人に文章にして報告しました。

人事の偉い人は
「パワハラ!それはいけないね」
「わかったこれは預かっておく」
強面の人事課長でしたが感触はよかったそうです。

これで会社も変わる
やっとパワハラ過剰から解放される
と思い込んでいたミーノでした。

その後人事はパワハラの実態を調べたのかもしれませんが
普通はパワハラの事実が出てきません。
パワハラを告発しようものなら
会社側からどんな制裁を受けるかわからないからです。

その時に制裁を受けなくても
あいつは
「パワハラを密告したヤツ」
というレッテルを貼られると
勤務評価に大きく影響し
昇進や転勤に影響する可能性があります。

一か月後に出た結果は
・・・・・
・・・・・
・・・・・

辞令
ミーノは北海道〇〇支店への転勤を命ずる

関東にマンションを買い
家族が住んでいるので当然ながら単身赴任です。

明らかな報復人事ですが
どうしようもありません。
パワハラの告発と人事の関連性を証明することは事実上不可能です。

ミーノは北海道勤務12年目です。
最初からスルー能力を身につけていれば
ミーノは北海道に行かなくて済んだのかもしれません。

会社はパワハラやセクハラをなくす気はありません。
もちろん国もそうでしょう。
表面上パワハラやセクハラの報告や通報をなくせば良いだけです。

北海道に単身赴任すると
関東に残された家族にも負担をかけます。
子供が小さい時には奥さんから文句を言われます。
子供が大きくなると父親は普段はいない人と思われているそうです。

北海道の上司に
関東への転勤を希望すると
「北海道に家族を連れて来ればいいだろう」と簡単に言われます。

パワハラを告発したミーノを養護する上司はいません。

たった一回報告した結果がこれです。
金以外の全てを諦めて
スルー能力でも身につけなければ生きて行けません。

最強伝説ミーノがスルー能力を身につけなければやっていくことができなかったでしょう。

目次

カピーとレッサーの振り返り

カピー

国が個人よりも会社をかばうのをなくさない限り、パワハラ、セクハラは野放しなんだろうね。

レッサー

ほんとそれ。ムカつくけど何十年経っても変わらないだろうな

カピー

レッサーと見ていた『逆転人生』で告発した人いたけど、お金も時間も被害者の方がかけなきゃいけない。
ふつうに考えたらおかしいけど、この汚い世の中を生きていくためにはスルーした方が楽な場合もある。

レッサー

そうなんだよな。パワハラを訴えた人が負けなんだよ。
内部告発した人が会社では悪者扱い

カピー

バカ正直っていう言葉もあるしね・・・・・・

カピー

こんな世の中だから、せめて映画や漫画は被害者が加害者に仕返しするストーリーが人気なんだろうな。理想のストーリーだから救われるんだろうね

レッサー

あーその気持ちわかるわ~

カピー

『鬼滅の刃』も『進撃の巨人』も仕返しするからスッキリする。
よく知らないけど『半沢直樹』もそうだよね?現実ではできない仕返しをガッツリやっちゃうから読者や視聴者はスッキリするみたいな

カピー

残念だけど・・・パワハラ、セクハラはなくならないと思う

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次