MENU

初めての海外旅行が不安になってきた【3つの疑問と台湾旅行】

広告が含まれている場合があります

年の差 台湾 海外旅行 不安になってきた 出国カード EDカード サーチャージ

旅行会社から資料が送られてきた。

久しぶりの海外旅行
変わったところもたくさんあるので
早めに資料をよんだら
心配性のレッサー(旦那)は更に心配事が増えた
カピー(妻)から一言
「やっぱり海外旅行は少し面倒くさいね」

海外旅行の保険
重要事項説明
ツアーインフォーメーション
旅行までの注意事項
・・・・・

よく読み込む旦那
・・・・・
・・・・・
・・・・・

ギャーギャー

妻「突然なに?」
(面倒くさーーーー)

なにやら旅行会社に確認しないといけないことが
沢山出てきたようだ。

目次

大きな疑問は3つだけ【楽しそうに旅行会社に電話する旦那】

旦那は電話かける気満々だ
また例のキャラが濃い斜め上にぶっ飛んでいる男性スタッフだったら
どんな回答が返ってくるか面白そうだ

少し期待して電話をかけると
「本日は休みです・・・・・・・」
旦那「なんで俺が電話をかけるときに限って会社が休みなんだ!」

旦那がクリーニングや図書館などに電話すると
なぜか休みのことが多い

次の日に電話を掛けると女性スタッフが対応してくれました。

疑問点は3つ

サーチャージを含む各種料金について

特に燃料サーチャージや空港使用料
合わせて一人3万円くらい
二人合わせて6万円

ん?ん?ん?
ミーノは3泊4日で7万くらいと言っていたぞ
全部自分でするから安いのはわかるが
燃料サーチャージや空港使用料はツアーじゃなくても必要だろう
なにがちがうのだ?

結局ミーノに聞いたけど
「調べる」と言ったきり返答がない

出国カード(EDカード)ってなに?面倒くさいの?

それなに?
から始まった。

旅行会社が4400円でやってくれるサービスがあるらしいが
最初はよく理解できなかった。

ネットで調べると
ただ用紙に記載するだけのことなのに
なぜ代行サービスのようなことがあるのかわからなかった。

旅行会社のスタッフに確認すると
自分で書けない
あるいは面倒くさいのでよく分からない老人などが依頼するらしい
ツアーの中ではまだまだ若い我々なら十分機内で記載できるとのこと
納得しました。

夫婦で申し込んだのに一人部屋になったり相部屋になったりするの?

夫婦で申し込んでいるのに一人部屋になったり相部屋になったり
3人部屋になったりするの?

いろいろとツアー案内に書かれている
ツアーは初めてでシステムがよく分からない
夫婦で別の部屋なんて聞いたことがない

妻「以前に行ったときは妹と二人部屋だった」
「夫婦で別の部屋なんてありえないでしょう」
と鼻で笑われたが心配性の旦那は確認しないと気が済まない。

旅行会社の女性スタッフにも少し笑われました。

ツアーに慣れている人は常識なのかもしれませんが
初めての旦那にとっては確認しておかないと心配になるみたいです。

久しぶりの台湾旅行でワクワクしている妻の意見

初めての海外旅行や久しぶりの海外旅行ならツアーが断然おすすめ!

しかも最初はメジャーなツアーを選んで、添乗員つきのやつを選ぶの。
なぜなら、まったく経験がないと余計な心配してしまいがちだけど、1度経験すれば覚えるから。
それに、添乗員が親切だったら台湾の情報をたくさん教えてくれる!
次同じところへ行くときは個人か自由行動が多いツアーに行けるようになる。
それに台湾だったら日本から近いから何かトラブルがあったとしてもどうにかなると思う。
ただ、海外保険は絶対入っておこうね。
コロナがまだ流行っててどんな病気になるかわからないから

海外旅行のツアーは疑問点がいっぱい

初めての海外旅行のツアー
疑問点がいっぱい出てくる
旅行会社に電話して穴埋めをするのも楽しくなってきた。

やっぱり私は他人と違うらしい
心配性なのだが
心配性から疑問を埋めようとする
その疑問を埋めようとするから人に話を聞く。
人に話を聞くと付帯的な情報もいっぱい得ることができる

楽しい会話ができる

⑥Wi-Fiのルーターどうするの?入国カードどうするの?

④別の旅行代理店でも個性的なスタッフにビックリ

ブログランキングに登録してます 年の差恋愛ランキング
年の差恋愛ランキング
にほんブログ村に登録しています にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村
年の差 台湾 海外旅行 不安になってきた 出国カード EDカード サーチャージ 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次