カピーの鼻の下のばし ムラサキウニとバフンウニ

カピーの変顔を見れるのはレスラーにとって幸せな時
カピーの変顔の写真を撮れるのは
レッサーにとって最高の喜びのひとつですね。

カピー が鼻の下を伸ばしている表情を写真におさめました。
散々文句を言われましたが
まだ消していません。

なんだかんだで女性は旦那といる時も女性でいようと努力します。
変な姿はなるべく見せないようにします。
まあだからこそ価値があるんですが…

カピーに隙が生まれたのは大好きなウニ丼を食べてる時でした。
積丹半島まで行ってウニ丼を食べました。
今回食べたのは
ムラサキウニとバフンウニの両方を注文しました。

ムラサキウニの値段を見てビックリしました。
ムラサキウニの値段は7000円
バフンウニの値段は4000円でした。
不漁のため値段が上がっていました。

レッサーにどちらを食べるか聞くと
悩んでいるふりをして
じゃあ半分ずつ食べようかと折中案を出してきました。
レッサーはニヤニヤしています。
本当はムラサキウニを食べたいくせに…

しばらくするとウニ丼が運ばれてきました。
折中案にすると言ったのに
もうすでにカピーの手が出ています。
そして当然の如く
ムラサキウニを自分の方に引き寄せています。

それをニヤニヤとして見ていたレッサーに気づいたかカピー
カピー「なに?」
レッサー「なんでもないよ ニヤニヤ」

もちろん
ムラサキウニとバフンウニを少しずつ食べ比べはしました。

しかしムラサキウニのほとんどを食べたのはカピーです。
カピーは7000円もするムラサキウニを
必死で食べています。

スキだらけです。

私がスマホで撮影しようとしていることにも気づきません。
カシャ
カシャ
カシャ
シャッターの音で初めて撮影されているのに気づきました。

どれどれ見てみよう。
撮影した写真見ると
カピーは鼻の下を伸ばして必死でウニ丼を食べてる姿が写っています。
カピー「消して」
と騒ぐカピーですが
私の宝物の一つになりました。

世の中は金持ちが多いのか
私の周りでは無理丼を食べているお客だらけ
それも全員ムラサキウニでした。
レジで会計する時には当然のように数万円の万札を支払っていました。

それにしても女性は大変ですね。
外に出てる時はもちろんですが
家の中でも女性は 自分の行動に気を配っています。

家の中ぐらいは
誰にも遠慮することなく自由でいたいと誰もが思います。
男性はそれを平気でやってしまいます。
それは女性の価値観と大きく違います。
女性も自由にしたいのですが
旦那に幻滅されるのが嫌で気を使っています。
普通は鼻の下を伸ばす姿なのか見せたりしません。

女性が本当の姿を見せると
「女のくせに」
と言われますからね。

男女の違いであり宿命なのかもしれませんが
男性は少しだけはわかってあげましょう。
妻の前でも少しだけかっこいい男でいてあげましょう。

えっ
私ですか
私はパンツ一枚で歩き回る。
鼻毛が出ている。
おならは平気でします。
そんな姿を許してくれるカピーに感謝しています。

カビの本音は下に書いています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次